VK Blocks Pro のバージョンによるカルーセルの作りやすさの違い

VK Blocks Pro のスライダーブロックを使ってカルーセルを作ることができますが、バージョンによって作りやすさが異なります。

VL Blocks Pro 1.9.* 以前のスライダーブロックで作ったカルーセル

1.9.* 以前のバージョンはスライダーブロックの高さを必ず指定する必要があったので、カルーセルを作ったときに試行錯誤しながら高さを調整する必要がありました。

いろいろと試行錯誤してみても「バッチリ!!」というわけにはいかず、どうしても以下のどちらかの問題があってちょっと残念な見た目になっていました。

  • 画像の上下に余白が表示されてしまう
  • 画像の上下が欠けてしまう

VL Blocks Pro 1.9.* 以前のスライダーブロックで作った、高さを指定してあるカルーセルです。↓
画面幅が広いと写真の一部が欠けてしまい、画面幅を狭くすると余白が表示されてしまいます。

キャプション

VL Blocks Pro 1.10.0 以降のスライダーブロックで作ったカルーセル

VL Blocks Pro 1.10.0 にアップデートされて、スライダーブロックの高さをクリア(リセット)することができるようになりました。これにより、上記に書いた問題が起きないようなカルーセルを作ることが可能となりました。

このスライダーブロックは高さをリセットしてありますので、どの画面幅で表示しても以前のバージョンのような問題が起きていません。↓

【補足】画像ブロックの下マージンをゼロにするとさらによいです。

画像ブロックに以下の CSS が有効になっているために下マージンが発生します。この下マージンは JPNSTYLE のような背景画像がある場合だと、気になってしまいます。

.wp-block-image {
margin: 0 0 1em;
}
画像ブロックの下マージンが気になる

そこで、このページでは下マージンが気にならないように以下の CSS を追加しておきました。

.vk_slider_item_container .wp-block-image {
margin-bottom: 0;
}

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズを全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ